10歳以上年下の女性と恋愛をするメリットとデメリット

世の中には年の離れた彼氏と付き合っている女性が非常に多くいます。

基本的には、年上であれば10歳前後でも恋愛対象として考えられるという女性が非常に多く、年下の場合は5歳前後までが恋愛対象として考えられる女性が多いでしょう。

中には、20歳以上離れていても大丈夫というファザコン気味の女性も少数ですがいたりします。

男性としては、10歳以上年下の彼女の場合は、一般的な恋愛よりもジェネレーションギャップなどに苦しんだり、振り回されたりしてしまうことも多くなる傾向にあります。

一体どのようなことに注意すれば、年下の女性と上手に恋愛ができるのでしょうか?

この記事では、そんな「10歳以上年下の女性と恋愛をするメリットとデメリット」について解説していきたいと思います。

10歳以上年下の女性と恋愛するメリットとデメリット

 

気になる女性が10歳以上年下だった場合は、しっかりとメリットとデメリットを理解しておいた方が良いでしょう。

それでは、得られるメリットと、苦労してしまうデメリットを挙げていきましょう。

メリット

・若さを常に感じられる

言うまでもなく、「若くて可愛い」というのは、男性にとって最高に魅力を感じるポイントですよね。

世界中の男性が、若い女性に大きな魅力を感じ、時に年甲斐もなく虜になってしまうものです。

若い女性と恋愛をすることで、自分自身も若々しくいられるというメリットもあります。

・流行などを把握することができる

世の中で流行する物や人、出来事などのほとんどが、若者から発信されます。

その時々の流行を同年代の男性よりも先に知ることができるので、「若い世代への理解があるイケてる人」という印象を与えることができるのです。

・頼ってくれる頻度が多いので男性としての自信を再確認できる

10歳以上年下の女性は、仕事やプライベートでの悩みが多かったりして、人生経験豊富な年上の男性を頼ることが多くなります。

頼ってくるその姿に愛しさを感じることもできますし、「男性として頼りになると思ってもらえている」と感じ自信を持つことができるのです。

・大人の女性に自分で育てられる感覚がある

若い女性は、ほんの数年で驚くほど素敵な大人の女性に変わっていったりするものです。

そんな女性としての成長をすぐ傍で見ることができたり、自分自身で導いてあげることができるのは、男性冥利に尽きる感覚を得ることができるでしょう。

デメリット

・金銭的な負担が大きくなる

同世代の女性であれば、社会的に自立している可能性が高く、金銭的な負担はそこまで大きくありませんが、若い女性となるとそういうわけにもいけません。

デートはもちろん、様々な場面で金銭的なフォローをしなければならないことは、大きなデメリットと言えるでしょう。

・ジェネレーションギャップを感じることが多く、会話が噛み合わない

年齢が10歳以上離れていると、必然的に共通の話題が少なくなってしまいますよね。

好きなアーティストやお笑い芸人、映画など、話が噛み合わずに盛り上がらないということも多々あると言えるでしょう。

・自分から甘えることができない

年齢を重ねたとしても、男性は時に甘えたくなることもあるはずです。

しかし、10歳以上年齢が下の女性が相手では、必然的に甘えることができない為、そういった欲求を満たすことができないのです。

・結婚できる確率があまり高くない

多くの女性は、結婚適齢期になると否が応でも「恋愛=結婚」という意識になるものです。

そんな結婚適齢期の女性と恋愛することができれば、自然と結婚という流れに持っていくことができますが、若い女性の場合はなかなか結婚という雰囲気になりにくい傾向にあります。

まとめ

 

今回は、10歳以上年下の女性と恋愛をするメリットとデメリットについて解説してきました。

もしも10歳以上年下の女性を好きになってしまった場合、安易にアプローチするのではなく、しっかりとメリットとデメリットを理解してから行動した方が良いでしょう。

ぜひそういったシチュエーションになった際は、ここで解説した内容を参考にしてみてはいかがでしょうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です