男女の恋愛観の違いを理解することが上手な恋愛をする第一歩

 

恋愛はどんなに仕事ができる人でも、どれだけ勉強ができる人でも難しいものです。

なぜならば、「恋愛は決して一人ではできない」からです。

自分の欲望をそのまま相手に押し付けてしまっては、絶対にうまくいかないですし、気を使いすぎてしまっても愛は深まりません。

特に、男女の恋愛観の違いは大きく、それぞれの価値観の違いが原因となり結果的に別れを選択する恋人も非常に多いのです。

ここからは、そんな「男女の恋愛観の違いを知ることの重要性」について解説していきたいと思います。

男女の恋愛脳の違い

男女の恋愛観はなぜ違うのでしょうか?

まず一つ言えることは、「男性は目で情報を記憶し、女性は耳で情報を記憶する」ということが挙げられます。

割合で言うと、男性は「6対4」の割合で視覚を主体としており、女性は「8対2」の割合で聴覚が主体となるのです。

女性の耳元で「愛してる」と囁くことが非常に効果的だと言われているのはこのような要因があるからなのです。

この他にも、男女の恋愛脳には様々な違いがあります。

例えば、以下のようなことが挙げられます。

感情の読み取りの違い

男性は女性の感情を読み取るのが苦手であるのに対して、女性は比較的男性の感情を読み取るのが上手であると言えます。

男性が浮気をしていたら、日々の行動や言動からすぐに浮気を疑う女性は多いはずです。

また、女性は「察してほしい」と思うのに対して、男性は「だったら言えばいいのに」と感じてしまうことから、亀裂が入ってしまうことが多々あります。

このような問題が発生しないように、「男女の恋愛観は違うんだ」という認識を事前に理解しておくことが重要だと言えるでしょう。

恋に落ちるスピードの違い

基本的には、男性は一気に恋に落ち恋にのめり込むのに対して、女性は少しずつゆっくりと恋に落ちていく傾向にあります。

このことを理解できていない男女は非常に多く、男性は「なんか自分だけ熱くなって、もしかしてあんまり俺の事好きじゃないのかな?」と不安になったり、女性は「もっとゆっくり関係を深めたいのになんでこんなにガツガツ来るんだろう?」と戸惑ってしまうのです。

この男女の違いをしっかりと理解していれば、「(相手が)男性だからガツガツ来るのは仕方がないか」、「(相手が)女性だから今は反応が薄いのは仕方ないか」というように不安や戸惑いを感じずに済むのです。

女性は「総合力」、男性は「見た目」で判断する

女性が男性を異性として魅力的だと感じるのは、見た目や性格、経済力、人気といった点をトータルで判断し、総合点が高い男性を選ぶ傾向にあります。

これに対して、男性は女性の見た目を判断材料の最重要ポイントとしている傾向にあります。

あくまでも「傾向にある」というだけで、絶対的な違いではないのですが、女性は結婚を意識するがゆえにトータル能力が高い男性を選びやすくなり、男性は子孫繁栄の為の性行為(本能)を優先するため外見が良い若い女性を選びやすくなるのです。

このことがわかっていれば、男性がすれ違う若い女性をチラッと見たとしても「男性は本能で若い女性を魅力的だと感じてしまうから仕方ない」と割り切れますし、見た目に自信がない男性も「女性はトータルで判断するから性格や経済力で勝負しよう」というように割り切れるのです。

まとめ

今回は、男女の恋愛観の違いを知ることの重要性について解説してきました。

男女には、視覚や聴覚、感情の読み取り方、恋に落ちるスピード、異性の判断材料などの違いがあり、その違いによって恋愛に問題が生じることが多いのです。

しっかりとこのような「男女の恋愛観の違い」を知り恋愛に役立てることで、幸福度の高い恋愛をすることができるはずです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です