幸せな結婚をするために意外と重要なひとり暮らし経験

人生の伴侶となる男女の出会いは、いつどこで始まるかわかりません。

同窓会で数年ぶりに再会した同級生かもしれませんし、現在勤めている会社の先輩、結婚相談所で紹介された異性、よく行くお店の店員さんなど、その出会いは実に様々です。

しかし、「恋は盲目」という言葉があるように、人は恋をすると冷静に客観視できなくなってしまうので、結婚してしばらくしてから「なんでこの人と結婚をしてしまったんだろう」と後悔をする人も意外と多かったりします。

実際の結婚生活は、お互いの好意だけでは成り立たない場面が山ほど出てくるので、実生活を円滑に進められる「生活力」が非常に重要だったりします。

そして、そんな「生活力」があるかどうか判断できるのが、「ひとり暮らしの経験」です。

この記事では、そんな「幸せな結婚をするために意外と重要なひとり暮らし経験」について解説していきたいと思います。

ひとり暮らしの経験=生活力があるとは言い切れない

実際の結婚生活には、「生活力」が必要であり、ひとり暮らしの経験がある人は経験のない人よりも生活力がある為、幸せな結婚生活を送るためには最適な相手だと考えられます。

もちろん、2人の間に「愛」がなければならないのは大前提ですが、愛だけでは幸せになれないのが結婚の難しいところです。

ただし、単純に「ひとり暮らしの経験がある」だけでは「生活力がある」とは言い切れないので、補足する必要があります。

正確には、「ひとり暮らしで料理や洗濯、掃除などを人並みにしていた経験が一定期間以上ある人」が、「幸せな結婚生活を送る為に適した人」なのです。

ひとり暮らし経験がなぜ幸せな結婚において重要なのか?

それではここからは「なぜひとり暮らしで料理や洗濯などの経験をしていると幸せな結婚生活を送れる可能性が高まるのか」という理由を挙げていきましょう。

・単純に日々の生活レベルが高くなり快適に暮らせる

大企業の社長さんや役員さん、事業を成功させている実業家さんであれば、家事全般を外部に委託することができるためそれほど生活すること自体の難易度は高くないでしょう。

しかし、一般的な家庭の場合(特に共働き世帯)は、スーパーで買い物をしたり料理を作る、洗濯をする、掃除をするといった家事全般をこなさなければならないのです。

子供のいない世帯であればまだ多少の余裕があるかと思いますが、子供が1人、2人と増えるごとに家事に費やす労力も時間も増えていきます。

この為、「女性だけ」「男性だけ」家事が得意なのではなく、2人ともが一定レベル以上の家事をこなせることが非常に重要なのです。

・家事の大変さが理解できる

「イクメン」という言葉が定着してきた現在の日本ですが、実際はまだまだ家事における女性の負担はかなり大きいものです。

もしも結婚相手がひとり暮らしの経験がなく家事をこなせないレベルである男性の場合、「家事の大変さ」を理解してもらえない可能性が高くなってしまうのです。

その点、ひとり暮らしの経験があり一通り家事ができる男性であれば、「今日も美味しい料理を作ってくれてありがとう」「お風呂掃除は俺がやるね」というように、家事の大変さに対する理解を示してくれます。

もしも仕事が忙しくあまり家事に協力できない状況になったとしても、「家事の大変さに対する理解がある」というだけで結婚生活の幸福度は大きく違ってくるはずです。

・家事にまつわる家電や用品を相談して購入できる

幸せな結婚生活を送っている夫婦に共通しているのは、「2人で物事を共有する時間が多い」ということです。

実際の結婚生活では、洗濯機や炊飯器、電子レンジ、掃除機、ドライヤーといったような「家電」であったり、食器やコップ、お箸にフォーク、スプーン、調理器具、掃除道具といったような「家事に関する用品」を購入する機会はとても多いものです。

そんなすべての購入判断を夫婦2人で相談して決めることができるというのは、実はとても幸福度を高める要因となるのです。

・どちらかが病気や怪我をしても生活レベルが極端に落ちない

長い人生では、夫婦のどちらかが病気や怪我で入院したり療養しなければならないこともあるでしょう。

そんな家族にとってのピンチの時に、元気な方がまったく家事ができないとなると一気に生活レベルが落ちてしまいます。

子供がいなければ外食やコインランドリーなどを活用して何とかできますが、子供がいれば子供のお世話や学校の用意なども行わなければなりません。

まとめ

今回は、幸せな結婚をするために意外と重要なひとり暮らし経験について解説してきました。

・単純に日々の生活レベルが高くなり快適に暮らせる

・家事の大変さが理解できる

・家事にまつわる家電や用品を相談して購入できる

・どちらかが病気や怪我をしても生活レベルが極端に落ちない

このように、幸せな結婚生活を送るためには、ひとり暮らしの経験があってある程度家事がこなせる相手かどうかは非常に大きなポイントとなるのです。

ぜひ本気で結婚相手を探す際は、「家事をこなせる一定以上の能力があるかどうか」も判断基準に入れてみてはいかがでしょうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です