年下の女性と上手に恋愛するために必要な思考とテクニック

女性は本能的に安心して子供を育てられる環境を作ってくれる男性を求めるものです。

経済的にも恵まれていて、優しさで包み込んでくれる男性に魅力を感じやすいのです。

そのような条件をクリアしている男性は、必然的に「年上の男性」が多くなります。

もしも年下の女性と恋愛関係になりたいのであれば、このような女性の思考を理解して接していくことが必要なのです。

この記事では、そんな「年下の女性と上手に恋愛するために必要な思考とテクニック」について解説していきたいと思います。

年上の男性が好きな女性の特徴

 

年上の男性が好きという女性は非常に多いのですが、すべての女性が年上好きというわけではありません。

同年代が好きだったり、年下好きという女性もいるでしょう。

もしも10歳以上年下の女性と恋愛関係になりたいと思っても、意中の女性が同年代や年下が好きであれば、恋人になれる確率はかなり低いと考えなければなりません。

恋愛関係になれる確率が高い年下女性を見分けるには、以下のような特徴を見逃さないようにするべきです。

・甘えん坊の女性

自分で何でもできて男性の助けを求めないタイプの女性は、同年代や年下の男性を好む傾向にあります。

しかし、男性に甘えたり、あざとい性格の女性は、精神的にも経済的にも自分をしっかりとフォローしてくれる年上男性を好きになることが多いのです。

・M気質の女性

M気質の女性は、他の女性よりも「従順になりたい」という欲を持っています。

社会的地位が高かったり、経済的、精神的に余裕のある男性を見ると、「この人に支配されたい」と思ってしまうのです。

・ファザコンタイプの女性

幼少期から父親と仲が良かったり、学校の先生などに恋をしたりする女性は、社会人になってから10歳以上年上の男性を恋愛対象として見る傾向にあります。

・知的探求心の強い女性

知的探求心の強い女性は、自分の知らない知識を持っている男性に惹かれる傾向にあります。

年上の男性は、美味しいレストランや社会の仕組みなど幅広い知識と経験があるので、こういった女性に好かれるのです。

 

年下の女性と恋愛するために必要な思考とテクニック

・器の大きさを意識して、感情の起伏を少なくする

前記した通り、経済的にも精神的にも自分を守ってくれるような男性に魅力を感じる女性は多いので、なるべく感情の起伏を少なくして、常に余裕を持って行動することです。

特に女性が精神的に落ち込んでいる時などは、何も言わずに傍にいてあげたり、泣いている時はそっとハンカチを渡す、好きなお菓子やスイーツを差し入れするといった気遣いを心掛けましょう。

・食事の際は必ずおごり、プレゼントもまめにする

「女性におごり続けていたらいいように使われるだけだ」と思う男性も多いですが、おごったりおごらなかったりというシチュエーションがあるだけでも女性は「この男性には精神的な余裕がない」と判断されてしまうものです。

「食事くらい僕が払うよ」というスタンスを崩さず、たまに記念日でもないのにちょっとしたプレゼントをあげたりすれば、一気に魅力的な男性として見てくれるようになるでしょう。

・女性の変化を褒めてあげる

承認欲求が強い女性は意外と多く、女性自身は「私という存在が価値があるということを認めてほしい」と無意識に思うのです。

美容院で髪をカットしたりヘアカラーを変えたら、「髪の色変えたんだね。すごい似合ってるよ」とさりげなく言ってあげたり、アクセサリーや化粧を変えた時も同じように褒めてあげるのです。

こういった女性の変化に対するリアクションを日常的に行っていれば、10歳以上年上であっても自然と恋愛対象になっていたりするものです。

・女性の知らない世界を体験させてあげる

自分の知らない知識や場所、体験などをさせてあげると、女性は相手の男性に好印象を持ってくれる傾向にあります。

「この人はいろいろな経験がありどんな状況でも対応できる男性だ」と認識するのです。

年下の女性とデートの約束をすることができたら、自身の経験をフルに活かして知らない世界を体験させてあげましょう。

・女性の話をたくさん聞いてあげる

女性は男性よりもお喋りが好きな生き物です。

男性は自己顕示欲を満たすために自慢話をたくさんしてしまいがちですが、これでは女性の好感度を上げることはできません。

女性がどれほどおしゃべり好きかを判断して最適な割合を見つけることが重要ですが、最初の内は「女性7対男性3」くらいの割合で会話をすると良いでしょう。

 

まとめ

 

今回は、年下の女性と上手に恋愛するために必要な思考とテクニックについて解説してきました。

気になる女性が10歳以上年下だからといって諦める必要はありません。

年上ならではの恋愛のテクニックを存分に使い、ぜひ年下の彼女を作ってみてはいかがでしょうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です