女性に結婚を現実的に考えてもらうための大きな武器となる「貯金額」はいくら以上が好ましい?

Golden wedding rings with diamonds on white background. Symbol of love and marriage.

女性に「この男性と結婚したい」と思わせるには、いったい何が必要になるのでしょうか?

清潔感や外見の良さ、価値観が似ていることや優しく思いやりのある性格など、プラスの評価になるポイントは様々ですが、やはり「経済力」は外すことができないでしょう。

どれだけイケメンでも、どれだけ価値観が似ていても、どれだけ優しくても、経済力がなければ幸せな結婚生活を送ることは不可能なのです。

しかし、もし年収1,000万円以上の経済力がないとしても、意中の女性に結婚を現実的に考えてもらうことは十分に可能です。

その為に必要なのが「貯蓄額」です。

この記事では、そんな「結婚するための大きな武器である貯金額はいくら以上が好ましいのか?」という疑問について解説していきたいと思います。

男性が婚活をするにあたって武器となる貯蓄額は?

男女が恋愛をし、男性のプロポーズ(女性からのケースもあり)をOKしてから最初に乗り越えなければいけないのが、「2人で生活する環境を作る」ことであり、結婚式や引っ越し、当面の生活費をどうするかということです。

ちなみに、結婚直前の夫婦の貯金額平均は、「311.8万円」となっています。(リクルートのブライダル総研「ゼクシィ結婚トレンド調査2020」)

結婚式や引っ越し費用、生活が落ち着くまでの生活費などを考えると、500万円程度の貯蓄がなければ安心とは言えないでしょう。

もしも結婚相談所などを利用して婚活をする場合は、この「貯蓄額」を大きな武器にすることができます。

フィーリングが合い、年齢や住んでいる地域、職業や収入などが女性に希望に合致している場合、本格的なお付き合いが始まるわけですが、「貯蓄額」が一定以上あれば相手の女性も一気に結婚を現実的に考えるようになるはずです。

前記した通り、「500万円程度」の貯蓄額があれば、結婚をより前向きに捉えるようになる女性は多いと言えるのではないでしょうか。

また、お互いに親族が少なかったり、もしも結婚に至ったとしても小規模な結婚式を希望している場合は、結婚式の費用がそれほど必要なくなるので、300万円程度でも問題ないでしょう。

もしも外見や性格といった点に自信がないという男性は、年収はもちろんですが、「貯蓄額」を武器にしてみるべきです。

「貯蓄額」は、多くても困る物ではないので、できる限り大きな額を貯めておきましょう。

貯蓄額を聞かれて嘘をつくのはNG!

男性は自己顕示欲が強い傾向にあるので、交際している女性に貯蓄額を聞かれた際に見栄を張って実際よりも大きな金額を言ってしまう人もいたりします。

しかし、これは絶対にしてはいけない行為です。

「嘘をつく」という行為はこれから結婚を考えている女性にとって一番してほしくない行為です。

なぜならば、相手の男性を100%信頼した状態でなければ結婚を決断できないのが女性という生き物だからです。

例え貯蓄額が少なかったとしても、嘘をつかず正直に答える方が無難だと言えるでしょう。

 

晩婚化する現代では、結婚を焦る必要はない!

もしも今現在「500万円程度の貯蓄がない」としても、焦る必要はありません。

現代は晩婚化が進んでいるので、焦らずとも結婚のチャンスは必ずやってくるはずです。

急いで婚活しても、大きな武器である「貯蓄額」が少なければ現実的に結婚できる確率は低くなります。

もちろん、結婚相談所に登録して婚活をするのは間違いありませんし、経済的に自立している女性であればそれほど貯蓄額を気にしない場合もありますが、日々貯蓄額を増やしていくことも重要視しておくべきなのです。

働き方改革によって副業を解禁する企業も増えてきているので、月に5万円程度の副収入を得て貯蓄するのも良い方法です。

他にも、様々な資産運用によって資金を増やすのも良いでしょう。

清潔感や髪形、服装、体型といった外見を磨いたり、人間力を磨くことももちろん重要ですが、少しでも貯蓄額を増やすことも忘れないようにしましょう。

また、500万円以上の貯蓄額を達成できたとしても、油断して散財してはいけません。

金銭感覚や生活水準は一度上がるとなかなか下げることができなくなってしまうものなので、たまに贅沢するくらいの感覚で暮らしていくことが重要です。

まとめ

今回は、「結婚するための大きな武器である貯金額はいくら以上が好ましいのか?」という疑問について解説してきました。

・外見や中身、収入も重要だが、「貯蓄額」も同じくらい重要

・結婚直前の夫婦の平均貯蓄額は311.8万円であることを考えると、500万円程度あれば貯蓄額を大きな武器として使える

・交際時に貯蓄額を聞かれて嘘をついてはいけない

・現代は晩婚化しているので結婚を焦る必要はない

このように、結婚において貯蓄額は大きな武器になります。

「いつか結婚したい」と考えている男性は、ぜひ今に内からしっかりと貯蓄していきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です